この記事をツイッターでTweet It!

2011年07月05日

ガイガーカウンター 内部被ばく

【7/末入荷予約販売】日本製 高精度 放射能測定器 ガイガーカウンター Mr.Gamma

【7/末入荷予約販売】日本製 高精度 放射能測定器 ガイガーカウンター Mr.Gamma






ガイガーカウンターは、外部被ばく量も検出できるが

放射性物質を吸い込んだり、食べてしまったりと
体内に取り込んでしまった

内部被ばくは測定できない。



内部被ばくの測定は

「ホールボディカウンター」で行われ、

マンガン54、コバルト60、セシウム137等
の内部被爆が測定できる。


尿検査で内部被ばくをしてしまったかどうかも
尿内の放射線量を測定することで
把握できる。




外部被ばくして入るようであれば、

服を着替え、丁寧にシャワーを浴びて
放射性粉塵を体内に取り込まないように
する事が重要。



posted by がいが at 05:20 | TrackBack(0) | 放射能測定器 ガイガーカウンター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガイガーカウンタ設置場所

やっと手に入れた放射能測定器。


どこに設置すればよいのでしょう?



一番のおススメの場所は、出来るだけ地表に近い窓際。

家であれば1階の窓際など。


携帯型の測定器を身につけるのもいいが、

ビルの奥にいる場合、急に外に出ると警告が鳴るのが遅くなってしまう場合も
考えられる。



出来れば備え付けで家や職場の
一階の地表に近い場所に設置し、


もう一つは携帯すれば
万全。




内部被爆を避けるためには
出来る限りの事をやりましょう。



即納 送料無料 TERRA-P+ MKS-05(ECOTEST社)   放射線測定器
posted by がいが at 05:13 | TrackBack(0) | 放射能測定器 ガイガーカウンター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

放射線の種類

【正規代理店特典付】ガイガーカウンター 米国DoseRAE2 PRM1200 高性能放射線測定器

【正規代理店特典付】ガイガーカウンター 米国DoseRAE2 PRM1200 高性能放射線測定器






放射線にも種類があって、それぞれ違ってくる。




ガイガーカウンターで計測できる放射線の種類は
以下の3種類となる。


1)α(アルファ)線

2)β(ベータ)線

3)γ(ガンマ)線



α線、β線は粒子で
アルファ線はアルミ箔などでも結構簡単に防ぐことが出来る。


β線はα線より注意が必要。
粒子が軽い為だ、


特に注意が必要なのがγ線。

厚い鉛の板等でこのガンマ線を防ぐことは出来ても、
極めて透過性が高い。


福島原発の上空にヘリコプターを飛ばした際、
下に鉛の板を敷いたのはこのためだ。



あいにく


福島第一原発から放出されている放射線の
大部分はγ線となるため、
測定を徹底し、危険地域には立ち入らないように
するのが重要だ。





ラベル:α線 β線 γ線
posted by がいが at 04:43 | TrackBack(0) | 放射能測定器 ガイガーカウンター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガイガーカウンターとは

放射線測定器、

「ガイガーカウンター」



どういう仕組みになっているのだろう?


1928年にドイツのハンス・ガイガー氏とヴァルター・ミュラー氏が
開発した。


不活性ガスが充満した管の中に高圧の電極を設置。
管中に流れた放射線の波長を読み取り、測定すると言った

仕組みはあえて簡単なもの。



ガイガーカウンターの性能としては

ロシア製やウクライナ製のちょっと大きめのサイズのほうが
測定値は安定していると見られる。

(管の大きさも充分な為)




ガイガーカウンターのおススメ
     
     ↓


即納 送料無料 TERRA-P+ MKS-05(ECOTEST社)   放射線測定器
posted by がいが at 04:26 | TrackBack(0) | ガイガーカウンター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガイガーカウンター比較

即納 送料無料 TERRA-P+ MKS-05(ECOTEST社)   放射線測定器

即納 送料無料 TERRA-P+ MKS-05(ECOTEST社)   放射線測定器




チェルノブイリ原子力発電所の事故で
ガイガーカウンターは
ある意味必需品となった。


従って高性能なのは、

ウクライナ製かロシア製。



マニュアルが日本語訳されているのも
入庫され、そうでなくとも
ほとんどの操作はボタン一つでできる為、
使用には問題ない。





特に性能が高く、使いやすいため
評価が高いのが


ウクライナのECOTEST製


『TERRA-P MKS-05』




測定できるのはβ線とγ線で、
最大999.9μSv/hまでが測定可能。


ざっとみた使用方法の概要は以下:


右の横にある『MODE』を押して電源を入れる。

再度『MODE』を押すと線量当量率が累積線量当量へ切り替わる。

線量が設定値外(初期設定で0.3μSv/h)を
上回った場合はアラームが鳴る仕組み



posted by がいが at 03:53 | TrackBack(0) | ガイガーカウンター メーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。